top of page
検索

タイミングを逃さずに!

ブログを見ていただき ありがとうございます。

Men's LOOP 「気になっていたけど ブログも見ていたけれど 来るタイミングが合わずで けれど今日来てみました!」 と言われ、来店される方が 時々いらっしゃいます。

自律神経の乱れ 睡眠障害 どこと言うわけではないけど 身体がだるい 気分が落ち込む…等 日々の生活に追われて 自分のことは後回し! そんな方もチラホラ

でもそうゆう思いの中 来店されたほとんどの方が 「早く来たら良かった」と 言われます。

思ったより、ギリギリの 心と身体の状態で 毎日を過ごしてるんですね。

わたしも昔そうだったから すごく分かります。

でも、最近は1日でも早く ベストな私でいたいから 人の温かい手が必要なときは すぐに癒やされにいきます。 

ちなみに昨日は以前寝落ちサロン のオーナーだった嶋さんの 「COMOREBI」にお邪魔し 癒されてきました。

Men's LOOPでは 「今行きたい!」と 当日直前予約も多いので なるべく夜も閉じず 営業していますが 夜の時間帯は人気なので 早めのご予約を オススメしています。

思った時がタイミング◎ 是非癒やされに来てくださいね!

最新記事

すべて表示

身体を伸ばして筋肉を 柔軟にする「ストレッチ」と 身体をさすったり揉んだりして 筋肉をほぐす「もみほぐし」どちらもリラックス効果や コリの解消、そして リンパの流れも良くなるのですが いきなりストレッチをするよりも マッサージで筋肉をやわらかく ほぐしてからストレッチを行う方が ストレッチ効果がさらに高まると 言われています。ブログ画像又、普段運動を全くされない方は 揉みほぐしを先にすることで 無

「血の巡りは気の巡り」と言う 格言があります。 運動不足や歪んだ姿勢による 血流の悪化により 免疫力は低下したり 自律神経のバランスも 大きく崩してしまいます。そんな時に気軽に出来るのが 「ストレッチ」 ストレッチで、筋肉を伸ばして 柔軟にすることで、血流や リンパの流れが改善され 体温の上昇や内臓の血流も 良くなり、働きも整います◎ 又自律神経の乱れの改善にも 大変効果的!ブログ画像運動不足が気

皆さんはどんな体制でいつも 寝ていますか? 横向きでないと眠れない方 よく聞きます。 仰向け睡眠がしたくても 出来ない理由のひとつに 特定の筋肉が硬くなっている ことがあげられます。リラックスした状態で 仰向けで寝るためには 腰の筋肉の柔らかさが必要です。 腸腰筋というお腹の奥にある筋肉が 収縮した状態で、仰向けになると 腰が浮いてしまい 落ち着くことができません...。 また、痛みも出ます。 逆

bottom of page